最強の殺し屋ガンサーを演じるのは言わずと知れたハリウッドの大スター、アーノルド・シュワルツェネッガー。近年は航空機事故で妻子を失い、事故の真相を追求すべく奔走する男を演じた『アフターマス』や、ウイルス感染により徐々にゾンビ化していく最愛の娘を守るべく苦闘する父親を演じた『マギー』など、重くシリアスな作品への出演が続いていたが、本作では往年の名作『トゥルーライズ』などを彷彿とさせるコミカルな演技と大迫力のアクションを披露!さらにガンサーを狙う暗殺者たちには、本作にの監督・脚本も務めた『テッド2』のタラン・キラム、『ジャック・リーチャー NEVER GO BACK』でトム・クルーズの相手役を演じたコビー・スマルダーズら豪華キャスト陣が集結!老若男女が楽しめる、最高にエキサイティングなアクション・エンターテイメントがここに誕生した!

世界中で幾多の暗殺を遂行しながらも、その正体は謎に包まれている伝説の殺し屋“ガンサー“(アーノルド・シュワルツェネッガー)。新進気鋭のヒットマン ブレイク(タラン・キラム)はガンサーを殺害し世界最強の座を手にするため、各国から個性豊かな凄腕の殺し屋たちを集めて打倒ガンサーの特別チームを結成。早速ガンサーの追跡を開始するが、そんな彼らをあざ笑うかのようにガンサーも猛反撃を開始!次々と仲間が倒れ行く中、ブレイクは何とかガンサーのアジトを突き止め潜入するが…

                                                            

アーノルド・シュワルツェネッガー

1947年7月30日、オーストリア出身。15才からボディビルを始め、20才のときミスター・ユニヴァースのタイトルを獲得し、69年に渡米。その後もボディビルの世界で活躍を続けたが、俳優に転身し『SF超人ヘラクレス』(70)でスクリーンデビューを飾る。82年に出演した『コナン・ザ・グレート』で大きな注目を集め、ジェームズ・キャメロン監督『ターミネーター』(84)で大ブレイクを果たす。『トータル・リコール』(90)、『トゥルーライズ』(94)、『イレイザー』(96)などのヒット作でスターとしての地位を確率した後に抜群の知名度を活かして政界に進出。2003年10月から2011年1月までカリフォルニア州知事を務める。2011年に本格的に俳優業に復帰した。その他の出演作に『コマンドー』(85)、『プレデター』(87)、『ツインズ』(88)、『キンダーガートン・コップ』(90)、『エンド・オブ・デイズ』(99)、『シックス・デイ』(00)、『コラテラル・ダメージ』(01)、『エクスペンダブルズ』(10)、『ラストスタンド』(13)、『大脱出』(13)、『サボタージュ』(14)、『マギー』(15)、『アフターマス』(16)など。

© 2016 WWKG PRODUCTIONS, LTD.ALL RIGHTS RESERVED

© 2017 WWKG, LLC ALL RIGHTS RESERVED