to Top
その愛が、その絶望が、世界を動かした
アカデミー賞®受賞『シチズン・フォー スノーデンの暴露』ローラ・ポイトラス監督最新作

映画『美と殺戮のすべて』


        監督・製作:ローラ・ポイトラス『シチズンフォー スノーデンの暴露』
        出演・写真&スライドショー・製作:ナン・ゴールディン
        2022年/アメリカ/英語/121分/16:9/5.1ch/字幕翻訳:北村広子
        原題:ALL THE BEAUTY AND THE BLOODSHED/R15+/配給:クロックワークス
        コピーライト:© 2022 PARTICIPANT FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
        R15+
ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞獲得 アカデミー賞®ノミネートほか世界が称賛した闘争の記録
3.29 Fri Roadshow

Trailer


            深遠かつ煽情的 ― Variery
            美しい ― LA Times
            圧倒的破壊力、まさに芸術だ ― The Hollywood Reporter
画像 画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
写真家ナン・ゴールディン
                    彼女はなぜ戦わなければならなかったのか
未来を生きるために、今我々が知るべき彼女の人生がここに記されている

1970年代から80年代のドラッグカルチャー、ゲイサブカルチャー、ポストパンク/ニューウェーブシーン…… 当時過激とも言われた題材を撮影、その才能を高く評価され一躍時代の寵児となった写真家ナン・ゴールディン。2018年3月10日のその日、彼女は多くの仲間たちと共にニューヨークのメトロポリタン美術館を訪れていた。自身の作品の展示が行われるからでも、同館の展示作品を鑑賞しにやってきたわけでもない。目的の場所は「サックラー・ウィング」。製薬会社を営む大富豪が多額の寄付をしたことでその名を冠された展示スペースだ。到着した彼女たちは、ほどなくして「オキシコンチン」という鎮痛剤のラベルが貼られた薬品の容器を一斉に放り始めた。「サックラー家は人殺しの一族だ!」と口々に声を上げながら……。

「オキシコンチン」それは「オピオイド鎮痛薬」の一種であり、全米で50万人以上が死亡する原因になったとされる<合法的な麻薬>だ。果たして彼女はなぜ、巨大な資本を相手に声を上げ戦うことを決意したのか。 大切な人たちとの出会いと別れ、アーティストである前に一人の人間としてゴールディンが歩んできた道のりが今明かされる。

Introduction

オピオイド危機

オピオイドとは、ケシから抽出した成分やその化合物から生成された医療用鎮痛剤(医療用麻薬)で、優れた鎮痛効果のほか多幸感や抗不安作用をもたらす。1995年、米国では製薬会社パーデュー・ファーマがオピオイド系処方鎮痛剤「オキシコンチン」の承認を受け、常習性が低く安全と謳って積極的に販売。主に疼痛治療に大量に処方されるようになり、2000年頃から依存症や過剰摂取による中毒死が急増。全米で過去20年間に50万人以上が死亡し、大きな社会問題となっている。